人気がある和菓子は何か

一口に「和菓子」と言っても様々な和菓子があります。饅頭や羊羹、あられ等々ありますが何が人気なのかわからないって思った時はありませんか。この記事を読むことでその疑問を解決できます。

中田屋「きんつば」

和菓子でも常に人気があるのが中田屋「きんつば」です。金沢の名物としてとても有名です。外側の皮は薄めで中は噛みごたえがしっかりある小豆が入っています。小豆は全粒大きく、口の中であんこの味をしっかり感じることができる上品な仕上がりになっています。まさにきんつばの頂点といえる和菓子です。

ヤマザキ「白大福・つぶあん」

山崎製パンが販売している白大福もかなりの人気がある和菓子です。お餅の厚さと柔らかさが大変人気があり、何度でも齧りつきたくなる食感があります。また中身のあんこの量も多く、味もとても甘いです。そして値段が安く、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでも購入することができるため、手軽に購入し食べることができます。

寿製菓「因幡の白うさぎ」

この菓子は鳥取県のお土産として、とても人気がある饅頭です。外見はうさぎの形をしており、中にはバターの香りが漂う黄味餡が入っています。外見の可愛さとさっぱりした甘みを感じる黄味餡の組み合わせにより、女性からの支持は大変多いです。

銀座たまや「すいーとぽてたまご」

東京土産の定番は「ごまたまご」ですが、「すいーとぽてと」も負けていません。紫芋を使っているため、見た目は紫色をしています。その紫芋の下にはホワイトチョコレートのコーティングが施されており、そのチョコレートの下には鳴門金時を用いた芋餡が包まれています。また袋を開けると焼き芋のいい香りが嗅覚を刺激します。食べる前から饅頭を堪能することができる品になっています。

菓匠三全「萩の月」

「萩の月」は仙台土産として抜群の人気と知名度がある銘菓です。ふわふわとしたカステラの中には、独製の濃厚なカスタードクリームがたっぷりと包まれています。このまま食べても美味しいのですが、リピーターの中には凍らせる人もいます。すると、アイスクリームを食べているような食感になります。

明月堂「博多通りもん」

名前の通り、博多を代表すると言っても過言ではないくらいの定番土産です。菓子自体は和洋折衷のお饅頭で、ミルク風味のやさしい甘さを持つ白あんとバター風味の生地が大変人気があります。食べた瞬間、口の中にやさしく甘い風味と味が広がります。

舟和「芋ようかん」

浅草の名物として、よく名前が上がるのが舟和の「芋ようかん」です。砂糖と甘藷、あと少しの食塩のみで作られたお芋本来の味と風味を感じることができる仕上がりになっています。深くねっとりとした濃厚なさつまいもの味とどこか甘い風味が口の中を覆います。口どけもよく、食感はとてもしっとりしています。リピーターの中にはそのまま食べず、軽くバターで焼く食べ方をしている人もいます。

赤福「赤福折箱」

300年以上の長い歴史を持っている伊勢を代表する和菓子です。北海道産の小豆を用いたたっぷりのこしあんをのせたお餅はとても甘く、なめらかな食感が溢れます。また、中にはお餅が入っており、柔らかさと噛んだ時の弾力は他店では出せない仕上がりになっています。たっぷり入っているこしあんの甘さはほどよく、なめらかな口当たりに仕上がっており、茶と合わせていただくことができます。