バレンタインデーに女性から何かプレゼントを頂けるのはまさに天にも昇る気持ちになりますよね。

しかし同時にお返しを考えなければいけないのも確か。プレゼントを選んだり、喜んでくれる姿を想像してこちらも嬉しくなることはありますが、やはり不安は付き物。
そんなときの一つの案として、この記事のホワイトデーに使える和菓子のレシピを見ていただけたら嬉しいです。

料理経験が無くても

男性が家で手作りお菓子を作ることはあまりないと思います。お菓子どころかいつも料理すら作らないという人は男性に限らず女性でも多くなりましたので不思議なことではありません。
そんな方でも簡単に作ることが出来るものですのでご安心ください。ホワイトデーだけでなくいつでも美味しく食べられるお菓子ですので、女性の方も是非チャレンジしてみてください。
今回作る物はあんこを使ったきな粉トリュフです。必要な材料は「ゆであずき1缶・きな粉30g程度・ホワイトチョコ1枚・クルミ5粒程度・抹茶パウダー」です。
クルミはアクセントに使う物で、抹茶パウダーの分量はお好みで問題ありません。
そしてこれを作るにあたり必要な料理道具は「ボウル・バット・クッキングシート」です。
バットやクッキングシートも100円ショップで揃えることが出来る道具なので問題ないでしょう。

まず、ホワイトチョコを適当に割りボウルに入れてゆせんにかけて溶かしてください。チョコはすぐに溶けて焦げ付いてしまうため直接火にかけるのは厳禁です。
チョコが溶けたら別のボウルにゆであずきときなこを入れてよく混ぜましょう。あずきの缶に入っている水分によって固さが変わってしまうので、そこはきな粉の量で調節してください。
これから丸めるので、しっかり形になる程度の固さならばOKです。大体混ぜたら次はバットにクッキングシートを敷いてあずききな粉を1口のサイズに丸めて置いてください。
この分量ならばおよそ15個程度作ることができます。そしてクルミを砕き、バランスよくあずききな粉に乗せてください。そしてその上に一番最初に溶かしたチョコを掛けていきます。
チョコを少し残して、抹茶パウダーも混ぜて溶かし抹茶チョコも作りましょう。これもさらに上からかけてください。
ここまでできたら完成間近。ラップをかけて一時間程度冷やしチョコを固めます。上に掛けたチョコがしっかり固まれば完成となります。
クルミ以外のナッツを使って作ることもできますし、他に果物のドライフルーツなどを混ぜるのも良いかもしれませんね。ナッツ類を入れたら食感が良くなるので今回はこちらをおすすめとして紹介いたしました。。
あんこときな粉の味が強くてまさに和風なのですが、見た目はトリュフという少し頭が混乱してしまいそうなお菓子ですが、和菓子が好きな方でしたら美味しくいただけるはずですのでぜひ作ってみてください。

さいごに

料理初心者の方や経験のない方でも作れるような、火を使わずに溶かして混ぜて丸めるだけの作業だけのレシピでした。
おそらく料理が苦手な方や、お子さまでも一緒に作れるようなレシピですのでホワイトデーだけとは言わず、他のイベントや和菓子が食べたくなったときには作ってみてください。