クリスマスと言えばキリストの誕生を祝うイベントで、ケーキやチキンが主役で、和菓子はあまり使われることないとと思われるかもしれませんが、クリスマスだって和菓子を使い盛り上げることもできるのです。この記事では、クリスマスパーティーで使えるどら焼きを使った手作りケーキのレシピをご紹介いたします。

バターもスポンジも使わない

今回はホットケーキミックスでも作れるため手間もあまり掛からず、カロリーも少し抑えめのツリー型ケーキを作ります。
必要な材料は「あんこ、白玉適量・薄力粉75g・ベーキングパウダー小さじ1・卵1個・砂糖40g・水75cc・はちみつ小さじ1」です。あんこと白玉以外はホットケーキミックスで代用できます。
まずあんこを用意しましょう。市販の物でも構いません。そして生地を作っていきます。薄力粉とベーキングパウダー以外の材料をボウルに入れ、泡立つまでかき混ぜましょう。
そしてふるいにかけた薄力粉とベーキングパウダーを加え、しっかり混ぜたらラップをかけて10分ほど寝かせます。この寝かす工程は抜かしても問題ありません。
生地を混ぜることが出来たら、弱火のフライパン手焼きましょう。焼き加減は表面はしっかり色がつくくらいで、裏面は火が通っていれば薄くても取り出しましょう。
タワー型にするため、生地の直系は大きめからどんどん小さいサイズで焼いていきます。皮が冷めてきたら間に白玉とあんこを好きなだけ詰めていきましょう。
あまり詰め込み過ぎてもタワーが崩れてしまうので、バランスを考えて挟めてください。上まで積むことが出来たらひとまず出来上がりです。
しかしこれではどら焼きという和菓子分が前面に出てしまい、どうもクリスマスっぽく見えません。なので、今回はクリスマス用にもう一工夫加えてみましょう。
これに抹茶生クリームを使いデコレーションしていきます。生クリーム200gと砂糖大さじ1、抹茶の粉末を大さじ2、3ほど使い抹茶クリームを作ってください。
絞り袋にいれたら、ツリーの下から綺麗に絞っていきましょう。クリスマスツリーに見立てたものなので、オーナメントがわりに白玉やイチゴ、雪に見立てたアラザンなどを少しずつちりばめていくのもいいですね。
白玉は普通のサイズより少し小さめですとより多く乗せられます。これでようやくクリスマス風和菓子の出来上がりです。上にダビデの星風に星形のクッキーなどをのせるとよりクリスマスツリーに見えます。
クリスマスとは全く関係ありませんが、これを応用してあんこを使わずにチョコや生クリーム、バナナなどを挟めて普通の生クリームでデコレーションしたら見た目も味も洋菓子になりますね。
こちらも非常においしそうです。やはり和菓子と洋菓子の決定的な違いはあんこや餅系の材料が含まれているかですね。

さいごに

クリスマスといえば洋菓子が大活躍するイベントですが、こうやって和菓子を使うことによってあんこと生クリームの不思議な味を演出させることができます。
たい焼きやどら焼きの生地やあんこは生クリームとも相性ぴったりですので、小さいお子さんでもスイーツとして美味しく食べてくれるはず。
是非お子さんたちとクリスマスに作っていただきたい和菓子ケーキです。