船橋屋

船橋屋は大人気の銘菓です。味わい深い和菓子とたくさん販売しています。その船橋屋ですが、「カンブリア宮殿」というテレビ番組で特集を組まれました。その効果でさらに人気が加速しました。「カップくず餅」は船橋屋を代表する人気商品です。餅の製造工程は驚愕の450日かかります。乳酸発酵した小麦澱粉を蒸し上げたくず餅はほのかな香りと酸味、しなやかな食感が特徴です。また「くず餅入りあんみつ」も同様に人気があります。コリッとした独特の食感が楽しく船橋屋のあんみつです。船橋屋では磯の香りを感じることができる「生寒天」を使用しています。さら紹介したいのは「くず餅プリン」です。船橋屋創業200年の記念店舗「船橋屋こよみ」はくず餅の原料である小麦を使用して作り上げるくず餅プリンです。どれも大変人気のある商品ですが、お歳暮等で送られたら、とても嬉しい商品なのは間違いないです。

明月堂・通りもん

明月堂は世界的にも権威あるお菓子コンテスト「モンドセレクション」に18年連続で金賞を勝ち取っている選りすぐりの銘菓です。その美味しさと技術は本物でそれ以外の賞状も多数受賞しています。そんな明月堂からは「博多通りもん」をおすすめします。甘さを押さえた白あんをミルクの香りでやさしく皮で包みました。しっとりの練り上げられた「白あん」が舌の上でまろやかに溶け、なんともいえない幸せな気分を運んできてくれます。名前の由来は五月三日・四日に行われる博多どんたくです。昔「どんたく」をしている姿・どんたく衣装に身を包み三味線を弾き、笛を吹き太鼓を叩いて練り歩く姿・形を博多弁で「通りもん」と呼ばれていました。舌にとろける白あんの上質な味わいと懐かしいミルクの味がなんとも感じ深いです。博多に伝わる和菓子の伝統的な技術と洋菓子を織り交ぜた至高の一品と言える和菓子です。

明月堂・蘭

こちらも明月堂を代表する和菓子になっています。芳醇な香りと美味しく焼きあがったのが南蛮バターカステラ「蘭(らん)」です。元来「カステラ」の旨味とは、ふくよかな食感と卵と砂糖の絶妙なハーモニーを奏でています。明月堂の南蛮カステラ「蘭」は「芳醇バター」を使うことによってより香り高く、より深みのある味わいに焼きあがりました。やさしく懐かしい風味とリッチな味わいに感動と魅了されるリピーターも少なくありません。新鮮なバターを含んだしっとりとした食感と現代感覚のきめ細かな味わいを堪能しましょう。

やまつ・栗きんとん

岐阜県に店を構える銘菓店中津川。岐阜県の山の中、中津川発祥の地「栗きんとん」は栗のたくさん採取できる町で生まれ全国から親しまれ続ける銘菓になりました。芋や栗甘露煮を一切使うことなく「蒸しあげた栗」と「砂糖」を混ぜ、丁寧に炊き上げた素朴な和菓子です。また国産の栗にとことんこだわっています。理由は「栗きんとん」に欠かせない「栗」に不純なものを一切加えない考えを主にしているからです。また栗きんとんた栗菓子に使う栗は旨味と適切な水分量が必要になります。そのため国外産の栗は合わず、国内産のものが良いということです。栗を用いたお歳暮は特に年配の方からの評判は良いため、是非とも送ってみてはいかがでしょうか。