和菓子をのせるお皿は和菓子を楽しむためにも大切なものです。おもたせでいただいた和菓子をお皿にのせて出す時、家庭で作った和菓子を家族に食べてもらおうとお皿にのせて出す時、その和菓子に合ったお皿を選ぶことでより美味しく和菓子をいただくことができます。

お皿の種類

和菓子に限ったことではありませんが、このお皿にこの和菓子をのせなければいけないという決まりはありません。のせるものに合ったお皿を選ぶことが大切です。お皿は一般的に大皿、中皿、小皿と分類されます。そして小皿の中にも銘々皿と豆皿とに分類されます。銘々皿は大皿や中皿にのせられているものを一人ずつ取り分けて食べるための取り皿のことです。豆皿も銘々皿として取り皿のように使われることがありますが、基本的にはお醤油などの調味料をのせたりするのに使われるものです。銘々皿よりも豆皿のほうが小さいと思ってもよいでしょう。

和菓子の世界ではさらに懐紙とよばれる和紙を小さく切って二つ折りしたものをお皿として使われることがあります。特に茶道で使われるもので、お皿の代わりになるだけでなく茶器の汚れをふき取ったり、ちり紙の代わりに使われることもある万能な紙です。最近ではお皿の上にさらに懐紙を敷いてその上に和菓子をのせるようなことも見られますが、和菓子は懐紙にのせなければいけないという決まりやマナーというものは特にありません。和菓子を持ち帰るために使ってくださいの意味であったり和菓子を出す側のおもてなしの心がそこには入っていると思ってもよいでしょう。

和菓子をお皿の材質で楽しむ

和菓子をのせるお皿には材質があります。主に木や竹などの植物でできたもの、土を材料としたの焼き物の陶器、砂や石を材料とした焼き物の磁器、木や紙などに漆(うるし)を塗り重ねた漆器があります。

木でできたお皿は温かみのある印象を与えるため、冬の和菓子の食器として合います。最近では木のプレートのタイプも多くありますので、木のプレートの上に大福などの和菓子をそのままのせると温かみのある可愛らしい雰囲気が演出できます。逆に竹でできたお皿はそうめん流しなどの印象からか涼しげな印象を与えます。透明感のある夏の和菓子をのせると季節感も味わうことができます。

陶磁器のお皿は形も様々で丸いもの四角いものとあります。デザインも豊富で食器屋さんに行くと何にしようかと悩んでしまうほどです。花や木などの自然のものを表現したお皿もあれば、丸いドットがある少しモダンなお皿もあります。自然のものを表現したお皿は季節に合ったお皿を使うとよいでしょう。一年中食べられるどら焼きやあられなどはお皿で季節を表現すると和菓子を食べるときの楽しさも倍増するでしょう。

漆器のお皿は色のベースが朱色か黒色です。また多少デザインはあるもののシンプルなお皿が多いということが特徴でもあります。特に黒色の漆器は白や赤の和菓子がひきたちます。色鮮やかな練りきりやきんとんといった和菓子のひとつひとつ丁寧に成形された職人の技が光り輝くものをのせるのにもぴったりです。朱色の漆器は厳粛な席で使われることが多いですが、カステラやいもきんとんなどの黄色やオレンジ色の色合いの和菓子をのせるのがおすすめです。朱色は温かみのある色ですので同じ暖色系の和菓子をのせることで統一感がでます。また、漆器のお皿は和菓子とともにつまものをのせると綺麗です。紅葉の葉や南天の葉は和菓子をひきたててくれるつまもののひとつです。

まとめ

お皿は様々な種類があるためどのお皿を選んだらいいのか悩んでしまいますが、和菓子をたべていただく方へのおもてなしの心をもってお皿を選ぶことが一番大切だといえるでしょう。